スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう爆発!

なんだかバタバタとして
書くことができませんでした。

でもね、濃い1週間でしたよ

一番の出来事は…

お義母さんとの電話で
爆発してしまった事かな

お義母さんもイライラするところがあって
いつもなら私は嫁の立場でウンウンと聞いていいるんだけど
今回は私もバタバタしていてい虫の居所が悪かった

お義父さんが亡くなって
一人で頑張っているお義母さん、
本当に心の中では気にかけてきたつもりなんですよ。

でも近くに住んで通ってあげることもできなければ
一緒に住んであげることもできない。
だからある程度はお義母さんが言う

「私のことをあまり気にかけていない!」

という類の言葉には

「ごめんなさいね」

と素直に言うことができたんですけど…

実家周辺の区画整備のため
実家が立ち退き代替え地に移住が決まっているのですが
その移住先に建てる家のことについて
お義母さんはもっといろいろ話し合いたかったようです。

しかし主人は関心がないわけではないのですが
移転費用となる行政からいただける補償金が確定しなければ
細かいことは決められない。
といった感じであっち向いたまま。

もちちろんその意見も最もなんですが
お義母さんとしては新しく建てる家について
夢?を語り合いたかったんだと思います。
それに行く行くは私たちが帰ってくるだろうと…という思いも…

でも主人はそんな先のことは分からない、
と一点張り。私も今の状況で
実家に戻れるかどうかなんて見当もつかないですしね…
「○年後には帰りますよ」
とも言えず…

そんな私たちの態度がストレスだったんでしょう。
いやストレスだと言われました

「○○に嫁に来たんだから○○家のことを一番に考えて行動する…」
「家族なのに家族じゃないみたい」

的なことをしつこく言われ

“私に意見を求める前に自分の息子にちゃんと話しすればいいのに…”

と私もイライラ…

「○○(主人)や私(お義母さん)に気を使って本音で話せないの?
 ○○はいいから、△△(私の名前)はどう思っているの?
 本音を言ってちょうだい。△△は○○家の人間なんだから!!」

とまくし立てられ…プチンと切れてしまいました

○○家の人間…私を家族と受け入れてくれてのことだというのは
よ~くよ~くわかります。
でもね、私は主人に嫁いだのであって
家に嫁いだわけではなく
お義母さんも家族ならば、
私の実家ももちろん家族。

今までお盆もお正月も自分の実家に一度も帰れず
私の実家のことは主人の実家では話すことすらできませんでした。
子供が生まれれば
「○○家の孫」と電話でも手紙の中でも散々言われて
しょげる私の両親をなだめ
「○○家のことを(これは子供のことだった)私の実家に指図される覚えはない」と
私には直接言いませんでしたが、主人に言ったようで
主人から
「申し訳ないけど、お前の実家からの俺の実家への電話や手紙に
 子供のことを書いたり言ったりはしないで欲しい」
とまで言われました。

17年間、ず~と仕方ないか…って思ってきたのですが
この時初めて言っちゃいましたね…抑えきれずに…

「じゃあ言わせてもらいますけど、私にとってお義母さんも家族ですけど
 私の実家の両親も変わらず家族です。
 先のことはわかりませんが
 率直に本音を言えというのであれば、
 自分たちの家のある大阪に戻るつもりはあります!
 私の実家も近いし、お義母さんのところへも東京にいるより
 すぐに行くことができますから!」

とね。

そして止まらなくなり「両方の実家が仲良くして欲しかった」と
言っていましたね。

本当に17年間、主人の実家に帰って

「ご両親はお元気?」

的なことを一度も聞いたことがありませんでした。
みんなそんなもんなんでしょうかね???
私の実家の両親は
私が電話したり帰ったりすると、必ず
「お義母さんはお元気?」
と聞いていきます。それが当たり前だと思っていましたが
そうじゃないのかな???
どっちにしても、私にとってはそれがすごく寂しいことでした。

2時間ほどしゃべりまくり
とりあえず電話は切りましたが
その後、主人に

「ごめん、とうとうやっちゃった」

と事の次第を話しました。

「あ~そっか、わかった、わかった。後で電話しとくわ」

ということでお義母さんに電話を入れてくれました。
救いは主人は中立の立場を守っているということ。
どちらかというと私寄りだと思います。
お盆、お正月以外は時間さえあれば
私の実家にも顔を出してくれます。
主人と私の両親とは意外にも仲良しです。(無理してるのかもしれませんが
なので17年間波風立てずにやってこれたんだと思います。

私も次の日にはお伺いの電話を入れました。
ふつ~に!!
ま、ギクシャクしようがどうなろうが
私のスタンスは変わることはありません。
今までどおり、お義母さんのことは常に心に留めておくつもりです。
そして両実家に対する思いは五分五分です(ホントは6:4くらいで自分の実家かな

あ~やっぱり嫁姑ってむつかしいんだな…
と思う一週間でした。

同居している世のお嫁さんたち、尊敬します!!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぷよぷよこさんつらかったね。
でもそんなことがあったなんて知らなかった。

義母はちょっと子供っぽいね~。
自分のおうちのことしか 考えられないんだもん。
確かに御主人が味方してくれることが
一番のすくいやけど、ぷよこさんの実家に孫のことを
色々話させないってどういうこと???
どっちもの孫達やん。
そんなことを奥さんにお願いすることも私には
考えられへんよ。

その類の話は いっぱいある。

うちは妹の旦那とうちの母親とウマが合わず
孫の顔も見せてもらえずよ。
あわせて私も姪っ子が生まれてから
妹とあったの1回だけだし・・・

こんな悲しいことないよね。
みんな縁があって家族になったのに
全てがうまくいくのは 無理でもお互い様って感じで
フランクにね。

人間の数だけ 摩擦はつきものとこちらが
大人に(もうそんなことは実行済みと思うけど)
なるしかないかな~

私やったらとっくに切れてるから
大丈夫。
もっと爆発していいよ!

ぷよぷよこさーん

ブログが静かだと思ってたら、偉いことになっていたのね(笑)。

家に嫁いだお姑さんはそれが当然だとおもっていらしたんでしょうね。
時代は流れているのに・・・。化石級だね。

うちはおじいちゃんが9人兄弟の9人目なのでまだまだ気楽なもんです。

あー、じっくりしゃべりたいなー(笑)。


おかあさんの権力が見かけだけ大きいときが一番厄介。
助けてやりたいけど折れても来ないi-229
こっちは仕事も子供もで動けない。
帰っても仕事ができなきゃどうすることもできんしね・・・。


次の日、ちゃんと電話したあなたがえらいと思うわ。
がんばったi-234

Re: まあちゃんへ

まあちゃんとこもいろいろあるのね。
みんな何かしら抱えてるんだと思うと
なんだかちょっと気が楽になる!

ダンナはね、自分の母親が気難しい人間だっていうこと
よくわかっているんだと思う。
だから結婚する時に「苦労かけると思うけど」
って言ったんだと思うi-229
今でこそあまりなくなったけど
ちょっと前まではダンナとお義母さんよく喧嘩してたしねi-202

ま、がんばりまっさ~i-179

Re: kiki*へ

そうやね、おばちゃんトーク炸裂したいわ!!

化石級ね、まぁそんな所かな。
田舎って今でもそうなのかな…?
自身も自宅でダンナを産んでいたりしてるから、
お産で実家に帰るなんて論外!って感じよi-189

いち早くそれを察知して実家に帰らず二人を産んだところまでは
良かったんだけどね…i-229

これからも腹割って話し合いますわ!!
プロフィール

ぷよぷよこ

Author:ぷよぷよこ
四捨五入するともう50になっちゃいます!!
でも子どもたちに負けず頑張るよ~♪
子どものこと健康のこと日々を綴っていきますね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。